悩める主婦が幸せについて考えるブログ(仮)

40代前半主婦。会社を辞め育児に専念することにした。日々の気持ちや育児メモなどを綴る。

幼稚園役員のこと(長文)

息子のお友達のママ2人から、幼稚園の「イベント実行委員」的な役員の勧誘をされました。

必要人数の半分くらいしか集まっていないらしく、色々声をかけているそう。

私は役員をやりたくない。かといって断りづらいので曖昧な返事をして逃げていました(卑怯)。

幼稚園入園でやっと自分の自由時間ができたのに、役員の仕事で時間を取られるのが嫌、という理由が主です。

私は自分のペースを崩されたり予定が変更になると、混乱したり必要以上に怒ってしまうタチの人間です。

なので余計に「役員=拘束」の図式が頭に浮かんでしまって、役員というモノ自体に拒否反応。

しかし人数が集まらなくて一生懸命にメンバー探しをしてるママさん達の気持ちを考えると断りにくい。

また、そのイベントには息子だって参加するのに知らん顔できない。

あとは

<断った場合のデメリット>

「嫌われるかもしれない」

「断る事に罪悪感がある」

<引き受けた場合のデメリット>

「自分のやりたくない事を我慢してやるのは嫌(自分を尊重したい)」

どっちを選んでもデメリットがあるので悩んでいました。

 

どうするか決められず、誘ってくれたママさんの顔をまともに見ることができないまま日々が過ぎていきました。

 

逃げてる間「自分はどうしたいか」を、常識(とされてるもの)や外聞を全く考慮しないで考えました。

 

考えた結果は、

手伝いにはちょっと参加したい(自分の得意分野が生かせる仕事なら)。でも定期的に拘束されるのは嫌。

スポット的なお手伝いならやりたい

 

でした。

自分の「どうしたいか」が決定した直後、良いタイミングが来ました。

クラスの懇談会です。

そこで役員に誘ってくれたママさんの一人とゆっくり話す機会ができました。

正直に(さすがに「自分の時間がなくなるのは嫌」とは言いませんでしたが)自分の、ありのままの気持ちを話しました。

「家事に支障が出るので(不器用だから)、役員は難しいけど、スポット的なお手伝いならしたいです」と。

 

ママさんからは「(誘った事で)プレッシャーを与えてなかったか心配してたのよー。心に留めておいてくれただけでも嬉しい」

との答え。ウッ、なんて優しい・・。

 

ちょうど数日後にお手伝いスタッフの募集をかける予定ですと教えてもらいました。

 

(余談)スピリチュアル好きなので、こういうのってつい「あー、神さまっているんだね。引き寄せの法則って本当なんだね」って解釈してしまいますσ(^_^;)

 

後日、無事にスタッフとして立候補しました。無理のない範囲でお手伝いをしていこうと思います。

 

長くなってしまいましたが。

言いたかった事は

●他人に気に入られるために自分に嘘をつかなくても良い

●言いにくい事でもカッコつけないで、ありのままを話したら良い

 

・・です。

 

(今回の反省)

返事をするまで時間がかかっちゃったんで、誘ってくれたママさん達に迷惑をかけてしまいました(期待や、返事待ちのイライラなど)。

今後は、余計なことを考えないで「自分がどうしたいか」を早く決めて相手と(怖がらずに)会話していけたらと思います。